• 株式会社エクスドリーム・スポーツ

【SIESA】フェンシング JOCカップに出場


(写真:カデ女子サーブル2位の板橋選手)


1月6〜9日に東京都駒沢公園体育館で開催された『第29回JOCジュニア・オリンピック・カップフェンシング大会』に当社が参画する星槎国際高等学校川口学習センター アスリートコースの選手3名とSEISA Sports Club PAL Kawaguchiの選手4名が出場しました。そして、カデ女子サーブルの部に出場した板橋選手が見事2位という結果を残しました。



<試合結果>

ジュニア女子エペの部 10位 須田 真衣選手(2年)


ジュニア女子サーブルの部 7位 イ サシャ ユンス選手(SEISA PAL)

             15位 板橋 香菜子選手(SEISA PAL)


ジュニア男子エペの部 62位 佐藤 結弥選手(2年)


カデ女子サーブルの部 2位 板橋 香菜子選手(SEISA PAL)

           17位 イ サシャ ユンス選手(SEISA PAL)


カデ男子サーブルの部 4位 上山 一鉄選手(2年)

           35位 田丸 宏選手(SEISA PAL)

           62位 トゥルヒーン ミハイル選手(SEISA PAL)



(写真:上山選手)



<本間コーチコメント(エペ)>

須田選手はトーナメントでは前年度優勝者と対戦。終盤に逆転して先に14本を取りリードしたが、両突きを狙いにいってミスをして同点になり、プレオリティを取られ、とらえに行ったところをぬかれて負けました。前回の試合では逆転されてリードされるとメンタルの弱さが目立ったが、今回は再逆転するなどメンタルの成長があった様に感じました。

佐藤選手は予選の動きは良かったが、肝心なところでのポイントのミスが多かった。相手を誘って駆け引きは出来ているだけに残念な結果だった。

距離とタイミングを合わせる練習をインハイ予選迄に徹底したい。



<森コーチコメント(サーブル)>

今回のJOCでは見事な成績も収めることが出来た半面、悔しい結果に終わった選手もいた。しかし、12月から続いた試合を戦い抜いた選手たちは大きな成長を見せ、来シーズンに繋がる目標がより一層明確となった大会であった。その中でも、中学生のイ・サシャ選手がジュニアカテゴリーで7位入賞、上山がカデカテゴリーで4位入賞を成し遂げ、板橋はカデカテゴリーで準優勝し、世界選手権日本代表メンバーに内定となった。国内のシーズンが終わったいま、来シーズンに向け技術面や体力面の更なる強化を図っていきたい。来シーズンはより多くの選手が輝かしい成績を残せるように、共に練習に励んでまいりますので、今後とも応援のほどよろしくお願いいたします。



今回のJOC杯で今シーズンの国内大会が全て終了し、国内ランキング2位となった板橋選手がカデ女子サーブルの部で世界カデ選手権日本代表に内定しました。

新型コロナウイルスの影響で大会の延期が続き、大会が短い期間に集中して行われましたが、選手達は良く戦い抜きました。そして、成長がみられるシーズンとなりました。


次のシーズンにむけ各々がしっかりと目標と課題を持ち、日々の練習に取り組んでいってほしいと思います。


今後とも応援よろしくお願い致します。




関連リンク:

星槎国際高等学校川口学習センター アスリートコース

SEISA Sports Club PAL Kawaguchi

当WEBサイトのニュースレターにご登録いただくと、最新情報を受け取ることができます。

EXDREAMSPORTSについて

株式会社エクスドリーム・スポーツは、コーチング、トレーニングサポート、栄養サポート、心理サポートなどの提供、またスポーツ現場でのICTの活用を提案するシステムインテグレーションなどを通じて、幅広い年代のアスリートを総合的にサポートする企業です。 (詳しくは http://exdream-sports.com をご覧ください。)

©2016-2020 EXDREAMSPORTS Inc. All rights reserved.

EXDREAMSPORTS, the EXDREAMSPORTS logo and eds auxiliary logos are trademarks of EXDREAMSPORTS. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.








閲覧数:174回

最新記事

すべて表示